2019年8月13日(火)
羅臼での朝、目覚めてカーテンを引いて宿の部屋の窓から外を見ると晴れていました。
「やったぁ〜!」と珍しく歓びの声をあげました。何しろ本日はこのツーリングのハイライト。羅臼岳の雄大な姿を眺めながら知床峠を横断してウトロに向かい、知床岬クルーズに乗り込む予定なのです。

意気揚々とホテルを出発し、知床の峠に差す陽光にちょっと嬉しくてニヤケながら走っていくと、空模様はボクの期待を裏切るように重さを増していきます。
峠の途中でレインウェアを着込み、標高が上がると雨が強く落ち気温も下がり忍耐の走行となりました。知床がどう、羅臼岳がどう、とかそんな景色を楽しむゆとりもありませんでした。

這う這うの体で峠を越えてウトロの「ゴジラ岩観光」に向かうと電光掲示板に「全便欠航」との表示。
IMG_1894
ええ〜!!そんなぁ。。。
峠を走りながらコレは無理かもなぁと半分諦めてはいましたが、この表示を見た瞬間は力が抜けてしまいました。ヘルメットも脱がずにベンチに座りこんで呆然としているとロシア人が自転車で通りがかり「今日は無いでしょう?」と言って去って行きました。
ウトロでは雨が上がりましたが海は非常に荒れていて、クルーズに出られたとしても景色を楽しむどころではなかったんでしょう。コレでよしとしましょう。
知床クルーズは3時間の予定だったので、この後網走に向かうのにポッカリと時間が空いてしまいました。

それならばウトロでは有名と言われる「ウトロ漁協婦人部食堂」で、うに丼を食べてやろうと店に向かうと「うに売切れ」の小さな貼紙。悲しい〜。
IMG_1898
何もかも期待していた通りにならず、もういいよ!と半ばヤケになりながら「道の駅 うとろシリエトク」へ立ち寄ってみました。
IMG_1899
IMG_1900
ここでも面白いものは見つけられず、ウトロでは何の爪痕も残すことが出来ませんでした。

ウトロから網走に向かって走り出し、知床半島の根元近くの「オシンコシンの滝」に着く頃には天候が回復して来ました。豪快な滝ではないけれどゆったりと水が落ちる味わいのある光景に、半ばヤケになっていたボクの気分が癒されました。
IMG_1901
IMG_1904
IMG_1902

知床半島の西端から網走に向かう途中にある斜里町の「天に続く道」。木立に縁取られて真っ直ぐに延びる道、この雄大な光景の迫力は写真では伝わらないだろうなぁ。ぜひ現場に立ってご自身の目でご覧いただければ。
IMG_1912
IMG_1914

予定通りなら午後の早い時間にくる予定だった網走監獄付近に午前中に着いちゃったので、行き当たりばったりでこちらのお店でお昼ご飯。「かにや」。神奈川ナンバーのハーレーの4人組もお昼を食べていたので少し信頼して入ってみました。そこそこ年配のバイクツーリングの人が入っているお店はけっこうな確率で信頼できると店いうボクなりの法則があります。
店名はかにやなのにウニ丼をいただきました。コレが超うまかった。見てくださいこのウニ丼。
IMG_1919
FullSizeRender

お昼ご飯を食べ終えて店を出るとカラッと晴れてきました。多分今回の北海道ツーリングで1番の青空ですよ。ここからほんの少し走れば網走監獄到着。映画のセットやアミューズメント@アミューズメントパークではない本物の存在感。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_1940
IMG_1943
IMG_1944
IMG_1945
高倉健の「網走番外地」などの映画を観ていたので、映画の中のいくつものシーンを思い出しました。日本で一番過酷な監獄。思っていた以上に勉強になりました。

網走から西南に向かい、美幌からR243(パイロット国道というらしい)を南下すると美幌峠に差し掛かり、美幌峠から屈斜路湖を眺めます。
IMG_1948
IMG_1950
IMG_1951
IMG_1955
IMG_1956

美幌峠から摩周湖へ向かう途中に、硫黄山が突然目の前に現れました。ツーリングプランを考えている時にはノーマークだった所です。山間からは白い煙が上り、辺りには硫化水素の匂いが立ち込めます。あまりに非日常的な光景なので思わずクルマやバイクを止めてしまうはず。近くに来たら湖よりもこちらへぜひお立ち寄りを。
IMG_1964
IMG_1968
IMG_1969
観光する予定のなかった硫黄山から摩周湖へはすぐ。
IMG_1975
IMG_1976
IMG_1982
IMG_1989

硫黄山から摩周湖に向かう途中にあった川湯温泉に戻って「川湯温泉 KKRかわゆ」へチェックイン。町の角にバイク雑誌でよく取り上げられている「ライダーズハウスEZO」がありました。多くのバイク客が集まっていました。
そうか、ここはそういう場所だったんですね。
IMG_1998
川湯温泉というだけあってこの町を流れる川には湯気を上げて温泉が流れています。
IMG_1990
行きたかったお店は閉まっていたのですぐ近くの「味楽寿司」さんへ。
IMG_2003
FullSizeRender
牡蠣酢とルイベですね。
IMG_2001
そして握り。こんな山の中でお寿司を食べることになるとは思っていませんでしたが、お酒を飲みながらとても美味しくいただきました。
IMG_2009
バイクが4台。


その6に続く



にほんブログ村