2019年8月12日(月)
釧路を発ってD142、R44を走って午前10時前に「厚岸コンキリエ」という道の駅に到着。
IMG_1856
IMG_1855
ツーリングの計画を考えている時には、せっかく厚岸に行くるのだからと厚岸産の牡蠣を食べたいと思いました。しかし待てよ、真夏はシーズンオフですよね。諦めつつも調べてみると厚岸の牡蠣は1年中食べられるんだそうです。そしてこのコンキリエという施設の中に「炭焼 炙屋」という牡蠣が食べられるお店があるのですが、8月12日は山の日の振替休日ということでお休みでした。残念。

JR根室本線の厚岸駅に立ち寄ってから、厚岸大橋を渡って対岸へ。
IMG_1853
D123(別海厚岸線)、霧多布湿原の一帯を抜けてからD142(根室浜中釧路線)へ。
IMG_1857
IMG_1858
IMG_1860
IMG_1861
IMG_1862
北太平洋シーサイドラインとも呼ばれるこの道はひたすら草の生えた両側と時折見える海。信号も出てこない道をひたすらずーっと同じ姿勢で東へと走り続けます。

ちょうどお昼頃に次の目的地である花咲港に到着。「大八食堂」で花咲蟹丼をいただきました。蟹チャーハンと迷ったけど丼にしてよかった。うまかったぁ。
FullSizeRender
IMG_1874
FullSizeRender
IMG_1865
蟹を食べ終えて店の近くにバイクを置いたまま港へ行ってみると、ロシア語で書かれた看板だらけなのでついあちこち見て歩いてしまいました。
IMG_1871
IMG_1872
IMG_1868
IMG_1869
IMG_1873
いやいやめちゃめちゃリアリティがあるなぁ。

花咲港を出発してからは根室半島を半時計周りにぐるっと一周走りますが、途中半島の先っぽとなる納沙布岬へ。本土最東端、最果ての地。
IMG_1882
IMG_1879
IMG_1878
はっきりしない天候のもと、根室からR243から剣道を伝って、バイク乗りが北海道に来たなら是非とも立ち寄りたい「開陽台」へ向かうのですが、とうとう雨が降り出しました。
IMG_1887
雨降りのためヘルメットを取らないまま、せっかくの開陽台だというのに雨に煙る地平線。なんだかなぁ。けっこうハードな雨になってしまいました。周囲を見回すと自分の他にバイクは1台だけでした。
中標津から標津に出てR335を北上して知床半島の羅臼を目指す間ずっと雨。道の駅「知床・羅臼」で土産を買おうかと考えたのですが、羅臼が近づくにつれ雨がおさまって来たのですが何かもう面倒になってしまいスルーして、本日の宿「ホテル峰の湯」へ急いじゃいました。
IMG_1890
ホテルの入り口近くで雨に濡れにくい場所に案内していただき、ヘルメットを拭いてウェアの水分も拭いシートバッグを外していたら雨が上がり、晴れ間が見えて来ました。もしかして明日は大丈夫なのかなと思ってスマホで明日の天気予報を見ると晴れと出て来ました。その晩は一安心して温泉に浸かり、ホテルの夕食をいただいて早々と眠りました。
FullSizeRender


その5に続く



にほんブログ村