2019年8月10日(土)
前夜はガタガタ揺れるフェリーにすっかり参っていたのですが、仙台まで走った疲労と早い時間から寝床に入っていたおかげでそれなりに熟睡でき、スッキリ気分で目覚められました。洗面を済ませ、スタンド「マーメイドクラブ」で朝食に名古屋コーチンたまごかけご飯をいただきました。
IMG_1763
昨夜と変わらずS寝台の船室はガタガタ揺れ続けていますがどうやら身体が慣れたみたいです。これ以上ヒドくならなければ乗り切れるでしょう。
バイクウェアに着替え、荷物もまとめて、ラウンジのソファと甲板を行ったり来たりしながらまだかまだかと着岸を待っていると苫小牧の港が見えて来ました。
IMG_1768
どんよりと重たい雲がかかっていました。これは北海道到着早々レインウェアのお世話になるのかな。下船の準備をして待っているとライダーが下船する順番になりました。何度やってもフェリーの船内を走る時はコケたり滑ったりしないかドキドキします。
IMG_1770
フェリーから下船するとそのまま支笏湖を目指します。R36からR276を右折するつもりでしたが信号機に「支笏湖方面に通り抜けできません」と表示されていました。慌てて路肩にバイクを止めて、ツーリングマップルで回り道を探してみると、もう少し直進するとD141(道道141号線)を右折すれば同じく支笏湖に向かえることが分かりました。

改めてバイクを動かしD141を右折して、片側1車線の道をしばらく走ると周囲に建物が無くなり、林だけの風景が続くようになります。空のどんより感も増して雨粒が落ち始めました。路肩が狭く後ろから次々に車が来るので、バイクを止めてレインウェアに着替えるスペースが見つかりません。フェリーを出るときからレインウェアを着ておけば良かった。北海道上陸早々濡れながら走るはめになりましたが、ずぶ濡れになるほどの雨ではなかったのがせめてもの救いでした。

だけど目当ての支笏湖は霧のなか。バイクを止めることもなく走り過ぎました。ルスツリゾートを抜けてしばらく走るとこの方の出身地。
IMG_1771
IMG_1772
若かりし頃の細川たかしの像ですね。
髪型が今と違っていてボクとしてはちょっと残念でした。少し離れたところから見るとこんなのどかな公園。
IMG_1773
さらにニセコに向かうと羊蹄山が見えてくるはずなんですけど、まだ厚く残る雲に遮られて全く見えていません。道の駅ニセコビュープラザでもこんな天気。
IMG_1774
IMG_1775
IMG_1776
この道の駅でお昼でも食べようかと考えましたが、このどんよりとした天気のせいなのか、なんだか食べたいと思えるものが見つからなかったです。

JRのニセコ駅にも行ってみたらこんな感じ。
IMG_1778
IMG_1777
山小屋風の駅舎と謎のシュールな牛像。思っていた以上に人気の無い駅前。写真を撮影したらすぐに去りました。
ニセコの町を走っていると軽トラの荷台のハンバーガー屋さんを発見し他ので、バイクを降りて店の中を覗き込んだのですが店員さんがいません。
IMG_1782
IMG_1779
屋台にはY Y Dinersと言う店名が書かれています。
あれ?中休みなのかな?裏の前田商店さんのおかみさんに聞いてみると「いませんか?さっきまでいたのになぁ」と言って近所を探してくれました。
ボクが店先のベンチに座って待つことにしたらお婆ちゃんも出て探してくれ始めました。そのうちお父さんも車で帰って来て「お客さん、店先で待ってんぞ!ヤル気あんのか!」とケータイで連絡すると店主さんが走って戻って来ました。

「すみませんね、ちょっと外してしまいまして」
「いえいえ、それよりお父さんに結構怒られてましたね」
「ああ、大丈夫ですよ笑」

今話題のグラスフェットビーフのハンバーグと、自家製ベーコンを挟んだベーコンバーガーをオーダーしました。
IMG_1783
通りがかりの屋台店にフラッと寄って食べたベーコンバーガーは、肉の噛み応えが強くあって噛むほどにビーフのうまさが滲み出てきて非常に美味しかったです!
ニセコの後は京極の湧水口に立ち寄りました。
羊蹄山に降った雨水が山体に浸み込んで濾過され、やがてこんなに渾々と清流となって湧き出しているんですね。

この湧水口の近くに製氷工場がありました。このきれいな水を汲んで作った氷ならさぞかしうまいだろうと思っていたら、セイコーマートで売っているカップ入り氷が京極の水使用とかいてありました。ホテルで缶チューハイを飲むときはこのカップ入り氷を買いました。

京極からはR230を辿り定山渓などを経由して札幌に入ります。

30年前に車で来た時はこの辺りを未明の時間帯に走っていましたが、それでもぼんやりと見覚えのある光景が続きました。30年間ほとんど思い出すことがなかった事なのに、記憶とは不思議なものです。


まだ16時を過ぎたばかり。ホテルに行く前に札幌の街中をバイクで流して、狭い範囲だけでも街の構造を下調べ。時計台やテレビ塔、大通公園などの目印を見つけながら街をぐるっと回り終えました。

2EBF2F41-66B6-407A-9B12-5A7E3A1E5FA5

ホテルの前にバイクを停めて、荷物だけ先にフロントに預けて、予約しておいたパーキングにバイクを移動させました。


部屋でシャワーを浴びてからススキノに繰り出します。お目当は千歳鶴という日本酒の酒蔵が営業している居酒屋さん。ススキノくらいの繁華街になるとチェーン店の居酒屋が多くて一人でふらふらするのには適していません。

72BFDEFE-3E85-4359-AC4F-008323FE2137

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
そんな時は酒屋や酒蔵の直営店という居酒屋は狙い目です。

日本酒ん飲んで海の幸のおつまみをいただき、すっかりいい気分になってホテルに帰って眠りました。





にほんブログ村