お盆休みに北海道ツーリングに行ったのに、10月になってからの更新でございます。身の回りに色々とございまして、すっかり遅れてしまいました。

2019年は8月9日(金)から会社の夏休みです。
その初日から北海道に行くためにまずは仙台に向かってバイクを走らせ、仙台港を19:40に出港する苫小牧行きフェリーに乗ります。

家から仙台港までは走り通しで4時間弱。休憩や給油、乗船前の買物などの時間を考えると5時間半くらいみておけば良いでしょうか。仙台港での乗船手続きは出港の90分前までに済ませるように、となっているので18:00到着ならお昼を食べてから出ても良いみたいです。しかし、気が急いてしまうのと万一のトラブルに備えて10:00に家を出てみました。
外環道から東北道を経て走りますが暑い真っ盛り。東北道の浦和料金所付近ではバイクの外気温計が39.5℃の表示。料金所前で流れが遅くなると汗が噴き出しました。こんな感じで北海道でもずっと暑いのかな、と先が思いやられました。

浦和料金所から先、仙台港までのほぼ中間点にあたる那須高原SAで昼食と給油するまで渋滞もなく、暑くはありましたが走行風を受けて走れたので助かりました。
IMG_1753
IMG_1754
同じ方向に走っていくバイクは皆大きな荷物を積んでいます。みんな長期間で遠くまで走って行くんだろうな。

宮城県に入ると空気の感触が湿度を増してじっとりとして来たな、と思ったらポチッポチッと疎らな雨粒が落ちて来ました。どうしようかと一瞬迷いましたが、少し先の空が青く見えていました。これならしばらく走れば上がると思い、そのまま走り続けると思った通りやがて雨は上がりました。

予想よりも速い平均速度で走れたのと休憩や給油に時間をかけなかったので14:15には仙台港北ICに到着。高速を降りてからフェリー内用に缶チューハイと牛たん焼きをどこかで買おうと、フェリーターミナルから近いエリアを走っていると、イオン多賀城店の近くに「たんや 善次郎 炭火焼牛たん」の看板が目に留まり駐車場に入って行きました。
IMG_1755
このとき14:25だったのであと5分で昼営業のラストオーダーになってしまうところでした。夜営業は17:00からなのでどこかを走って改めて来た方が暖かいお弁当を持ち込めるとも考えましたが、ギリギリの時間になるのを嫌い、店員さんに「すみません」と断りながらヘルメットのまま急いで店に入りました。
ちょっと値が張るけれど「特撰厚切り真中たん弁当」を注文。注文してからたんを焼き始めるのでヘルメットを脱いで店内で待ちました。良い匂いがしてきてすぐにでも弁当を食べてしまいたい誘惑に駆られましたがそこはグッと我慢。お代を支払い弁当をトップケースに納めました。

缶チューハイを買うのはイオンかな?駐車場であたりを見渡すとツルハドラッグがありました。改めてバイクを動かさずに済むので、こちらで冷やされた缶チューハイと保温バッグを一緒に買いました。この保温バッグがその後のツーリング中に活躍してくれたんです。今後ツーリングの持参必須アイテムにしたいと思います。

この時点で15:00になったばかり。フェリーに乗り込む時間にはまだかなり早いですが、さっき降った雨がきてもイヤだったので早々にターミナルにバイクを付けました。
IMG_1759
IMG_1760
この写真は到着してからしばらく経ってから撮影したものなのでバイクがずらっと並んでいますが、ボクが着いた早い時間でもすでに5台のバイクが待機していました。バイクを置いてターミナル建物に入って行くともう乗船受付をしてくれました。あとはフェリー内に持ち込む荷物を分けたり、待合室でテレビを見たり、どんどん集まってくるバイクを眺めたりして時間を潰したらいよいよバイクごと乗船です。
IMG_1756
バイクは早く積み込まれるので、船室でさっさと準備をして混雑する前に入浴を済ませました。
IMG_1766
苫小牧港には翌日8月10日(土)11:00着港予定。
船内ではあとは牛たん弁当を食べて缶チューハイを飲んで寝るだけ。
FullSizeRender
すっかり冷めていましたがこの弁当の牛たんは炭火焼の香ばしさが食欲をそそり、さくさくと良い歯応えで絶品の美味しさ。ご飯もたんが焼かれて出た脂が染みていて美味しかったです。冷めてもこれだけ美味しいのだから、今後同様の場面があったら17:00にこの弁当を買って少しでも温かい状態で食べてみようと思います。

フェリーが出港すると台風10号の影響が若干あるのか波がやや高く船はゆるゆると揺れ、船室の寝台もガタガタと音を立てて震度2〜3くらいで揺れ続けます。船内なので逃げ場もありません。なかなか寝付けないかなと思っていたら、仙台まで走ってきた疲労のおかげで気がつけば眠っていました。


その2に続く



にほんブログ村