令和元年5月3日
徳島の朝は雲一つない好天でした。
本当はこの日が日程最後のはずだったのに、
徳島〜東京フェリーが5月3日、4日と運休で、
徳島から陸路で東京に帰ることも
できなくはないことだけれども、
長いこと走り続けた身体にはキツいかなと、
急遽ホテルを手配したのが岐阜。
徳島、東京からほぼ350kmと中間です。

大鳴門橋を渡り淡路島南PAで休憩し
FullSizeRender
FullSizeRender
徳島"風"ラーメンを食べ、
FullSizeRender
明石海峡大橋を渡り、第二神明道路経由、
阪神高速3号神戸線で神戸や甲子園を通過。
阿波座JCTから阪神高速13号東大阪線へ。
大阪城を左手に眺めてから東大阪JCTで
近畿自動車道に乗り換え。
第二京阪道路、京滋バイパス、
名神高速道路と乗り継ぎ、
急に尿意を催したので菩提寺PAで休憩。
FullSizeRender
近頃、尿意コントロールが不如意気味で。

東京を出てから一週間。
ほぼ2000kmの距離を走って来て
少しバイクを運転するのに飽きてきたかな。
バイクにじっと乗っていることができない。
キツいなぁと思い始めた頃に岐阜市に到着。
駅前の高い建物はタワーマンションかな。
FullSizeRender

まずはホテルの場所を確認し、
バイク置場もチェック。
ホテル周辺は夜には繁華街になりそう。
岐阜の繁華街というと
美川憲一の柳ヶ瀬ブルースの柳ヶ瀬が
昔は有名でしたが今はシャッター街でした。
今は玉宮通りの方が賑やかなようです。

確か近くに岐阜城があるはずです。
城下町に来たら一度はお城に行きます。
岐阜城にたどり着き行ってみると
はるか山の上に城が見えました。
FullSizeRender
ロープウェイで登るようですよ。
その昔はどうやって登っていたのかな。
では行ってみましょう。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
げげげ、ここでも行列ですよ。
登りが40分待ち、降りるのは60分待ち。
そんなに並んでいる時間はありません。
仕方がないので模型を見て去りました。
FullSizeRender
バイクに乗って帰ろうとすると
「金華山ドライブウェイ」の標識が。
それに従って向かってみました。
くねくねと細い道で車はすれ違えない。
ドライブウェイって感じじゃないです。
でもそれなりに標高を稼ぎ、
展望台から岐阜の街を見渡すことができます。
FullSizeRender
揖斐川、長良川、木曽川と大きな川が流れ込み
岐阜の街は金華山以外は真っ平ら。
良い土地ですね。

さあ今度こそホテルに帰ります。
ホテルのバイク置場に行くと
「本日バイクを停めるので自転車を置かないで」
と張り紙をしてありました。
ありがたいことです。

玉宮通りに出動しますよ!
ボクのあだ名に近い店名の「ぐっぴぃ」という
たこ焼き居酒屋に行ってみます。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
とろっとろのたこ焼きを4種類注文しました。
明石焼きはやっぱ明石だなと思いましたけどね。

その後玉宮通りの店を次々と訪ねますが
席は空いていても一人客は入れてくれません。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
仕方がないのでニュータマミヤの店外で立ち飲み。
これも良いのですよ。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
ツーリングに出てからどこにもホッピーがない。
ようやくここでホッピーにありつけました。
どて煮と串カツがホッピーに合います。

ファイスブックにこの状況を書くと
その昔同じ職場で働いていた女性から
岐阜の実家に来ているので合流すると連絡が。
隣の一人飲みの方と意気投合していると
彼女がやってきました。
SNSを利用するとこんなことにもなるんだな。

話をすると彼女とお隣さんは取引先だそうです。
なに?なに?なんで?
ほんとうに偶然なんだそうです。
住んでいるのも職場もご近所だとか。
旅先での人との出会いはほんとうに面白いです。
フェイスブックで友達になっちゃいました。

想定外のこんな出会いに驚き喜びながら
このツーリング最後の岐阜の夜は煌びやかです。
だけどボク自身はもう疲れ果ててヘロヘロです。
おやすみなさい。




最終日の「その8」に続きます。



にほんブログ村