令和元年5月2日
令和二日目の朝は広島で迎えました。
朝早くホテルを出て向かったのは宮島。
ここまでの経験で大混雑は目にみえてましたが
どんな状況か見に行くだけ行ってみました。

フェリー乗り場に行く前の広電踏切を先頭に
国道2号線が7キロ近い渋滞でした。
フェリー乗り場近辺でバイクが置けたら
宮島まで渡ってみるつもりでしたが
バイク置き場もないし、乗り場の行列もあって
駅前でUターンして山陽道に乗り
宮島SAで朝食に「広島めぐり」を戴きました。
FullSizeRender
広島名産のアナゴ、カキ、アサリを楽しめる。

あとで調べてみると
広島市内の平和記念公園から
宮島へいく船便もありました。
それを利用すれば良かったようです。
次回広島に来たら利用したいと思います。

山陽道を東に進みこれから徳島へ向かいます。
しまなみ海道と瀬戸大橋とで
どちらで四国に渡るか悩ましいです。
距離と時間は瀬戸大橋経由なのですが
お天気が良かったので
距離も長く時間も掛かるしまなみ海道経由に。
今回二度目の通行です。
今日は途中の島には立ち寄らず
こちらまで一気に走りました。
FullSizeRender
FullSizeRender
今治では今治湯ノ浦ICまで下道を走り、
今治小松自動車道の小松JCT経由
松山自動車道、四国横断自動車道、
徳島自動車道とつないで走ります。
吉野川の流れとすぐ脇に迫る山並みが
中央構造線そのものとして
高台を走る自動車道から見ることができます。

ほぼ四国を横断するかたちで徳島に到着。
16時なのでまだ陽が高いです。
シャワーを浴びてから町に歩いて出ました。
JR徳島駅の前。FullSizeRender
FullSizeRender
郵便ポストの上に阿波踊りの像。
FullSizeRender
駅の裏側には操車場、その隣は徳島城址。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
公園になっていて石垣だけが残っています。

学生時代の彼女の実家がこのあたりで
たしかお店をやっていたはず。
あったあった!
少し離れてスマホで写真を撮っていたら
店内から年配の女性が出て来ました。
お母さんかな?と思っていると目が合い、
「なにか御用で?」と聞かれとっさに
「東京で同じ名前の店をやっているもので」と
正直に話しても良いのになぜかそうせずに
口から出任せを言ってしまいました。

少しだけヒヤッとしたけどホテルに戻り、
当夜会う約束の大学時代の同級生に連絡し
合流しました。
あとで地元の連れを二人誘って合流するけど
まだ早いのでどこか行くかと問われて
目前に聳える眉山のロープウィイに。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
地元の大人は他所客が来た時に案内する位で
小学校の遠足で登って以来の人も多いらしい。

大型連休なのに行列していません。
おまけに天気が良いので遠くまで見渡せます。
眉山から街を眺めながら町案内をしてもらう。
思い出してさっきの出来事を友達に話すと
「それな、あいつの実家とは違う店やぞ」と。
山頂から街を指差しながら
「あそこに見える橋の角があいつの実家」と
教えてくれたのはボクが行ったのとは違う所。

咄嗟に出任せを言ってしまったのは
何か違う予感がしたからなのでしょうか。
今となっては正直に言わなくて良かったと
胸をなでおろしたい気分でした。

再びロープウェイに乗って眉山を下山。
街の居酒屋へと二人は吸い込まれ、
しばらくのちにもう二人が合流して
FullSizeRender
FullSizeRender
11時過ぎまで飲みながらわいわい盛り上がり
徳島の夜は更けていったのでした。



「その7」に続きます。



にほんブログ村