那智の滝で石段を登り降りして
噴き出た汗が乾く間もなく、
ジャケットを羽織って再度出発します。

那智川沿いの空気がまだ涼しくて
ジャケットのメッシュを抜けた風が
衣服内を快適に変えてくれました。
この時間から滝見物に来る人が多いのか、
帰り道は引っ切り無しに車とすれ違います。 
人より少し早めの計画は狙い通りでした。

再び那智勝浦新宮道路に乗り、
紀伊勝浦方面まで進みます。
紀伊勝浦からは下道の熊野街道。
JR紀勢本線と並走する区間が多いのに
一度も列車を見かけていません。

この区間は防砂林、防風林が無く、
海を左手に眺めながら走ります。
紀伊田原を過ぎた辺りから
海の向こうに大きな陸地が見えて来ます。

出掛ける前に見た地図を思い返すと
それが紀伊大島だと判明しました。
だんだんと近付いて大きく見えてくる
紀伊大島を眺めながら走ります。

海沿いのカーブを大きく曲がったところで
視野の中に不思議なものが見えて来ました。
ステゴザウルスの背中のヒレみたいな
巨大な岩石が海岸に突き刺さっています。
あ、橋杭岩だ!
IMG_7550
IMG_7559
IMG_7560
もっと小さなものを想像してたので
周辺を歩く人の大きさとの対比によって
想像以上のその巨大さであることがわかる。

橋杭岩の背景に大きな島が見えるのが紀伊大島です。
真ん中の写真の右手の奥にはくしもと大橋も見えますね。

道の駅が併設されているので食事と休憩にします。
和歌山らーめんのメニューがあったので注文。
海の家で出される普通の醤油ラーメンでした。
IMG_7562
ヤラレました。
IMG_7561
お水ポットがなぜかキティちゃん。

気を取り直して紀伊大島へ向かいます。
紀伊大島に向かう橋が架かる潮岬を
まずがぐるりと周回して本州最南端の岬へ。
バイクがたくさん駐っています。
やはりライダーは先っぽに集まるんですね。
IMG_7565
IMG_7566
IMG_7571
IMG_7573
端っこはどこも崖なんですね。
岬を一周回ってくしもと大橋を渡ります。
IMG_7564
潮岬からまっすぐに海を渡る部分と、
渡った先で高い所まで標高を稼ぐループ部の
2つのパートで成り立っている橋です。
島全体がまるごと山のようで
島に渡るとどんどん登って行きます。

昔、この沖合でトルコ軍艦が悪天候で遭難した時に
地元の勇敢な漁民たちが自分たちの命も顧みず
荒波のなか船を出して救助したということです。
その時のことをトルコ国家からも感謝され
島の東端にその記念館と記念碑が造られたそうです。
IMG_7574
IMG_7576
IMG_7580
IMG_7582
こんなに晴れて穏やかな日には美しい光景ですが
ひとたび海が荒れれば風と波が猛り狂う
恐ろしい海と化すのでしょうね。
このごろごろとした岩場。
その向こうをタンカーが航行して行きます。

本来であれば紀伊半島の最南端に来たら
そのまま西側の海沿いを北上するルートですが
ボクはこの後、いま来たルートを戻りながら
熊野本宮大社に向かうのです。



今回はここまでです。
続きます。



にほんブログ村