5/21
佐久平のホテルを出てすぐ給油して
向かったのは美ヶ原高原。

武石峠の舗装が荒れた峠道をグイグイ
クネクネ、ガタガタ、デコボコ。
R1200RSの納車後の慣らしで
黒部ダムへ走って行った帰り

この道は通ったことがあります。
狭くて舗装が悪く傾斜も急で
新車バイクでビビりながら走った
その時の記憶が蘇って来ました。

他の3人はこの度初めての走行で
美ヶ原高原に到着すると
「しびれたぁ」とか
「きつかったぁ」とか
おのおの苦労して走ったようです。 
ビーナスラインを走ることは多いけど
美ヶ原林道には行ったことがない
という方もいらっしゃるのでは?

ここまで来るとスケールの違う光景を
見ることができるのですが
裏から来るのはレアプランなのかな。

ここで時計を見ると9:30でした。
ああ、この時間にこんな所にいるって
佐久で宿泊したからこそですね。
宿泊ツーリングはこれが嬉しい。

美ヶ原からビーナスラインを下り、
霧ヶ峰方面へ進んでいくのですが、
時間が早いせいか混雑していなくて
快走で霧ヶ峰の駐車場へ辿り着きます。

駐車場に面したチャプリン。
その裏にコロボックルヒュッテがある。
ここへ来るのはこれで3回目。

ここからの眺めが大好きなのと
このお店で出すサイフォンコーヒーが
大好きなんです。 
2017-05-21-10-54-05
2017-05-21-10-53-49
2017-05-21-10-34-48
2017-05-21-10-35-01
サイフォンコーヒーはこんな。

草原を眺めながら飲むコーヒーは
あまりコクは軽いけどスッキリとした、
爽やかさのある味なんです。
他ではこんな味のコーヒーを
飲んだことがないです。

10:30 標高が高いため暑過ぎず快適。

ボンヤリしていると観光バスが到着して
ハイカーを大量に吐き出しました。
ゾロゾロと斜面を登って行く絵は
ちょっと迫力ありました。

それを見ながら出発しようとすると
観光バスの運転手さん二人が
ボクらのバイクを覗き込んでいた。
「これ、ナンCC?」
「ブレーキは社外品?」
ひとつひとつ答えるとウンウンと頷いて
バスに戻って行かれました。
ハイカー客の送りは16時頃だそうです。
ご苦労様でございます、お気をつけて!

ボクたちは白樺湖を抜けて下まで出て
手作りアイスクリームの店に寄ります。
「Picco」さんです。
東京の六本木にも店があるとか。
レモンと牛乳のダブルをオーダー。
写真を撮り忘れましたが美味しかった。
陽射しが非常に強く暑く
アイスが溶けないうちにと
急いで食べたので頭が痛くなりました。

F700GSさんはこのお店でロールケーキを
買ってトップケースに入れていました。
この後麦草峠の舗装の悪さで
ケーキがどうなってしまったのか、
月曜日以降に教えてもらえるかな(笑

ここからは麦草峠を抜けて
清里方面に向かいました。
途中マラソン大会があったようで
人や車が会場付近に大集結。



志賀高原、志賀万座、湯ノ丸峠、
美ヶ原林道、ビーナスライン、麦草峠
これだけ走れば新品タイヤも
両サイドまで皮剥きができたかな。
峠道では前のメッツラーと比べても
安心感は格段に上だと感じました。

衝撃吸収性もやはり高く
舗装の悪い峠でも柔軟に走れました。
安定したグリップと衝撃吸収は
本来ならトレードオフのはずだけど
このタイヤはそれをどうやって
両立させているのでしょうかね。

気になった点は高速道路の走行中、
100km/hを過ぎたあたりで
シートにチリチリと来る
微妙な振動があったこと。
GWツーリングでは感じなかった。
独特なタイヤのトレッドパターンが
やっぱり原因なのかな?
全員が気になるようなものでもなく
慣れるしかないかな。



清里辺りでお昼にしたい時間帯です。
中村農場やヴィラアフガンなど
人気店は言うまでもなく
街道沿いの店は駐車場からして
満杯の様相です。

12時過ぎの時間帯のこの辺りでは
待たずに食べられるお店は無さそう。
逆にスッと入れちゃうお店だと
ちょっと不安になってしまいます。

人がたくさんいるエリアから
少し離れて店を探しました。

「おいしい学校」

左から昭和、大正、明治と三代の校舎が
レプリカとして残されているようです。
(きちんと解説を読みませんでした) 
昭和の校舎の中にイタリア食堂があり
そこでようやくお昼を食べました。
ベーコンのトマトソースパスタ。
自家燻製したようなベーコンの味で
大満足でした。
セットにつくパンも美味しかった。
このあたりは山梨県北杜市。
パンの周りに付くひまわりの種。
明野地区はひまわりの里でもあり、
ああそういうことかと納得。

お昼を食べたら少し早いけど
あとは帰るだけです。
泊まりのツーリングだったので
渋滞が酷くなる前に都内に入りたい。

須玉から中央道に入ろうとすると
さっそくに小仏トンネルまで
15kmの渋滞中との表示。
それくらいの渋滞なんてヘッチャラ
と進んでいくとその先にも
何ヶ所か断続的に詰まっているらしい。

他のメンバーは談合坂で休むようだけど
須玉から都内まで130kmもないので
ボクは休まず帰るつもりで走りました。

食後で眠くなる時間帯でしたが
緊張して走ったので気が緩むことなく
集中したまま走ることができました。 

2日間の走行距離は720kmでした。
今週末もよく走りました。  



にほんブログ村