仕事初めで取引先を挨拶回り、
二日目も賀詞交換会が続き、
慌ただしく週末になりました。

久々にバイクを引っ張り出し、
ディーラーさんに向かいました。
12月早々にパーツは届いていましたが
ディーラーさんに寄る時間が取れず
新年明け初乗りで伺うことになりました。

ツーリングの度に悩まされていたのが
バイクを駐める場所の傾斜でした。
R1200RSはサイドスタンドを掛けた時の
バイクの傾きが浅いんですよね。
少しでも左上がり傾斜の場所だと
バイクを駐めようとスタンドを出しても
車体が立ち過ぎて躊躇してしまいます。
結局、その度にバイクを取り回して
向きを変えて駐め直していました。

ネットで見た情報によると
中国仕様のサイドスタンドがあり、
スタンドの長さが少し短いため
この悩みの対策になるらしいです。
ディーラーさんに問い合わせると
取寄せ可能なのでオーダーしました。

ディーラーさんに着くと最初に
サイドスタンドを見せてもらいました。
今のスタンドと比べるとなるほど
やや短いものでした。
交換のための作業は思っていた以上に
時間がかかっていました。
安全性が問われる部位のパーツなので
交換取付には慎重を期されるのかな。

交換作業途中でメカニックさんから
交換後も使用するかどうか確認され、
付けたままにしてその後不要だったら
自分で取り外しますと答えました。

交換作業が終了しました。
どうでしょう?

交換前
交換後
画像でシャッターとミラーの角度を
見比べてみると車体の傾きの違いが
よくお分かりになると思います。

サイドスタンド一本23100円!
と考えると確かに高く思えますが、
今まで何度も駐める場所に困ったのを
今後は気にしなくて済むんだと思うと
カスタム費用としては納得しています。

ディーラーさんの近くの公園に寄り
傾斜のある場所でいろいろと
駐め方を試してみようとしていたら
ディーラーのメカニックさんが
走ってやって来ます。なんだろう?

「アンダーカウルを付け忘れていました!」

公園内のやや左上がりの場所でも
不安にならずにバイクを駐められました。
出先で駐め場所を探すことが減りそうです。
よかったよかった!

それで帰路に就いたのですが、
赤信号で停まろうとした時に
シフトダウンができません。
クラッチを握ってバイクを路肩に停め、
センタースタンドを掛けて
シフトレバーの様子を見てみると
がシフトレバーに引っ掛かって
うまくシフトダウンできない。
これでは危なくて走る事ができません。

サイドスタンドに気を付けながら
ディーラーさんに戻りました。
メカニックさんが、どうした?
って顔で迎えてくれました。
センタースタンドを掛けて
交換したパーツの動きを確認してから
ゲタのパーツは外してもらいました。

今後、中国仕様スタンドに交換する方で
こういうパーツを付けていましたら
とても危ない状態でしたので
ぜひご注意して下さいませ。

今年もあちこち走って行きたいと思います。



にほんブログ村