1978年に発表された
「思い出は美しすぎて」で
一世風靡した八神純子。

あれからもう37年も経ったんですね。
当時は中二坊やでしたが、
今やボクも立派に生活習慣病を気にする
おじさんになるほどの熟成期間を隔てて、
パワーアップしたサウンドを届けてくれました。
image
しかもご本人のみならず、
豪華絢爛なバックミュージシャンを従えての、
堂々のライブアルバムです。
 
G)松原正樹
B)後藤次利
Key)佐藤準
Dr)村上ポンタ秀一

すごいなぁ。
ボクは佐藤さん以外は
それぞれのソロアルバムも持っています。
そんな方々が一堂に会するなんて。。。
こんな組合せって今まで見たことがない。
 
八神純子を加えた5人の合計年齢は
軽く300歳を超えますね。
こんなこと書く必要なかったかな。。。

久々の八神純子のライブアルバム
というだけだったら
きっとボクはこのCDを
買うまでには至っていなかったです。

今まで見たことのない
このメンバーの組合せ。
八神純子の
歌はもちろんのこと、
このメンバーがどんな演奏を聴かせてくれるのか、
その期待いっぱいで買いました。
 

往年の数々のヒットソングが、
当時の軽快なポップサウンドとは
ひと味違ったJazzyなアレンジを施され、
円熟度MAXなライブになっています。

ボクは楽器を弾くので
つい歌より演奏に
耳がいってしまいがちでしたが、
しかしこのCDで聴ける
八神純子さんのボーカルは大人の色気と
深みを増した表現力に
きっとみなさんも魅了されてしまいますよ。


超オススメです。



にほんブログ村