8月15日
午前中はずっと雨という予報に反して
板柳町は朝からお天気。
こんな風に予報が外れている時は
かなり慎重になった方が良いんです。

6時に目が覚めたのに、
テレビのデータ放送の予報を見たり、
スマホの雨雲レーダーアプリを見たり、
それで結論はカッパ着っぱなし。
で、8時半に出発してR7〜R282〜R341。

日本一の深さを誇る田沢湖へ。
八幡平の峠でさっそく雨でした。
カッパ着っぱなしだから平気です。

八幡平から田沢湖までの途中。
千葉ナンバーのR1200GSが追い越して、
気が付いたら後ろに青白R1200RSが!
しばらくR1200RS色違い2台で
並走していました。

千葉ナンバーのGSのお仲間なら、
もしかしたらcabinさんでは?!
と思いながらもチャンスを見て
前車を数台追い越してお先に田沢湖に。

田沢湖でしばし休んで走り出したら
さっきの青白RSさんが。
手を上げて挨拶して振り返ると
品川ナンバーでした。
cabinさんではありませんでしたね。
このブログを読んでお心当たりの方は
ぜひメッセージをお願いしますね!

湖畔を走る時は左回りがセオリー。
景色の良い所でバイクを停めれば、
即湖畔での撮影ができます。
田沢湖で休んだあと、
距離は近いですが角館へ。
30分ほどで武家屋敷に到着。
角館の武家屋敷の街並みは
さすがに雰囲気が良いですね!
来るなら春の桜の季節がベスト?
こじんまりとした街だけど濃度は濃い。

稲庭饂飩の佐藤養助直営店が。
お昼の時間だったけどこのお店では、
食事ができないそうです。
仕方がないので「桜の里」へ。
究極の親子丼が売りのお店です。
秋田といえば比内地鶏と稲庭饂飩。
ああ迷うけど、そんな時は両方です!
究極の親子丼1500円。
これは美味い!
比内地鶏の歯応えさく裂です。
味も濃い。
稲庭饂飩桜(冷し醤油汁、桜の塩漬け載せ)
冷たいしツルツルの喉越しが心地良い。
800円。
お腹一杯で角館を発つと
R13をひたすら南下。
函館港の近くで給油して以来、
横手の市街地のセルフスタンドで給油。
今回のツーリングで一番安い。

ここまで読んだ方は
すでにもうお判りと思いますが、
ボクは青森から東京まで、
下道だけで帰る目論見です。

昨日51歳になったばかり。
あまり無茶もできませんが、
このバイクならできるかも。

山形県のJR天童駅に寄ってみました。
将棋の駒のゆるキャラでもいるかな?
と思ったりしたけど、ンなわけない。
ただ、駅に将棋資料館があるのは
将棋の駒生産日本一の天童ならでは。
R13を福島まで来ると市街地を走り、
R4にアクセスします。
道の駅あだちに寄って夕食でも、
冷しラーメンをと思ったら営業終了。
高速のPASAとは違うんですね。
山並みのシルエットは一連の磐梯山。
R4も白河を過ぎると所々渋滞が。
さすがに気持ちが折れて、
高速に乗っちゃおうかなと思った時に、
ヘルメットに仕込んだブルートゥースの
スピーカーから流れてきた
レベッカのラズベリードリーム。
気持ちが鼓舞されて走り続けました。
何でこんな事してるんでしょうね。

宇都宮の街を通過したのは22時過ぎ。
突然大雨が落ちてきました。
フェアリングに潰れて付いてた虫が
雨の勢いできれいに洗い流されたほど。

東北道への誘導標識に引き込まれそう。
でもガマンガマンで下道を走る。
宇都宮まで来たら東京までほぼ100km。
しばらくすると雨もあがり、
眠気もなくややスピードも出し気味で、
いよいよ埼玉県に入りました。

23時半頃、自宅の駐輪場に到着。
青森のカミさんの実家を8時半に出てから
ちょうど15時間下道を走り続けて
今日だけで走ったのがほぼ700km。

オドメーター、3967km。
今回のツーリングだけで1900km余り。
いやぁ走りまくりました!
家に着いて洗濯物を洗い、
シャワーで身体の汚れと汗を流し、
ゴミを捨て荷物の片付け。

自分としてはかなり無理をしたつもり。
しかし身体はそれほど疲れていません。
BMW R1200RSで走りながら
いかに楽に乗れるか試行錯誤しつつ、
バイクとかなり馴染めたみたいです。
恐るべし、ベンベーのバイクです。

バイクでこんな長いツーリングは初。
(6)まで続けてお読み下さった方、
ホントにありがとうございます。



にほんブログ村