8月8日
久し振りにR1200RSを出動させました。
7月20日にもろもろの補修やパーツの取り付けに、
ディーラーさんまで乗って行って以来です
 
連日続いた猛暑日と、
人によっては今日からお盆休みということで、
どこに行くのも混みそうだし、
少しでも涼しい方面に向かいたいのが、
こんな日のバイク乗りの心情ってもんです。
 
しかし今朝はここ数日と比べると、
いくらか凌ぎやすく気分はノリ始めています。
20日間近くカバーを被せたままだったせいか、
RSのフレームの丸いつなぎ目にクモが巣を張っていました。
何とも複雑な想い。。。

7時に家を出て永福から首都高に乗り、
石川PAでHORNET250に乗る女子と合流。
ひと足先に集合場所に着いてみんなが来るまで、
二人でモーニングを楽しむ魂胆でございます。

という予定でしたが、
永福にたどり着くまでに1時間もかかり
石川PAに到着したのは9時前。
女子1人を含めてなぜかすでに3人が集まり、
ボクの魂胆はすっかり玉砕。

ボクはバイクを降りるヒマもなく出発し
圏央道を走って青梅に向かいます。
9時集合のはずの青梅のデニーズに
10時10分前にようやく到着。
先着のF700GSは高校野球を見て待っていてくれました。

結局参加したのはHORNET250、X4、RZV500、F700GS、
そしてボクのR1200RS。
ちょっと不思議な組み合わせですがほぼいつものメンバーです。

普段はナビに行先を入れて先導して走るのですが
今回はほぼノープランなので行き当たりばったり。
とりあえず青梅からは成木街道をたどり名栗をめざします。
じわっと雰囲気のある街道です。

飯能といい、青梅といい、この界隈の街は、
今でも決して小さな街ではないですが、
その昔に大いに栄えた頃の名残がそこここに見られ
そこはかとない旅情を漂わせています。
 
山あいの道を走り続けて芦ヶ久保の道の駅に到着。
みんなからは謎のジビエの店「きじ亭」で昼をという声も。
しかし電話をしてみるとすでに廃業してしまったそうです。
それなら芦ヶ久保の地料理の「ずりあげうどん」を食べよう!
と道の駅の食堂に寄ろうとするとこんな張り紙が。。。
ずりあげうどんが名物なんだから、
うどんを残して蕎麦をやめるのならわかるけど。。。
まぁそんなことを言っても始まらないので
芦ヶ久保の道の駅で売っていた
「たらし焼き」100円を食べて小腹を満たします。
そんなこんなしているうちにみんなの意見として、
この後は定峰峠に行こうということになり、
そこまでの道沿いで店を探し、
蕎麦でも食べようということになりました。

蕎麦「ひらい」
普段だったら絶対に立ち寄らない雰囲気の店。
しかしメンバーが調べるとここがおいしいらしい。
入ってみたら大正解でした。
イチオシらしい手挽き蕎麦は終わっていましたが
ふつうのもりそばでも十分においしかったです。
マイタケのてんぷらを追加で注文すると、
衣がかなり固めにガリッと揚がっています。
これはこれで好きなタイプのタネものでした。

蕎麦を食べたら定峰峠を越えて、
皆野寄居有料道路を経由して長瀞へ。
この時期には当然人気で2時間待ちという
天然氷のカキ氷を出す阿左美冷蔵の様子を見る。

もしかしたらそんなに待たないかも?という淡い期待は
延々と続く人の列を目のあたりにしてすっかり消え、
我々は二匹目のドジョウを狙う近くの「山草」というカフェで
カキ氷をGETすることに。
時間はちょうど15時、お三時です。

生桃のカキ氷をオーダー。
茶色く色が付いているのは
生桃をシロップ漬けにしてあるから。
生の桃にシロップが中まで浸みて
アンズのような酸味の効いた甘みです。
フワフワに削られた氷とシロップが織り成す
絶妙のコンビネーションの心地よさにしばし茫然と。

さて、カキ氷を食べたあとは関越の花園インターへ。
ここからは各自流れ解散です。

オドメーター:1987km



にほんブログ村