つづいていくのかな

おもな話題はBMW R1200RS、Bass、読書、旅行、そしておいしいものです。 ブログも今のボクも、ちゃんとつづいていくのかな

船室のカーテンを開けたまま寝て 窓から差し込む朝陽で目覚めました。 ツーリング最終日の朝5時、 フェリーは淡路島と紀伊半島の間 紀淡海峡を航行中でした。 4月30日に明石から淡路島に上陸。 今日再び淡路島に接近です。 朝風呂に入り、トイレを済ませ、 荷物をまとめてバ ...

今日は鹿児島を発つ日ですが朝から雨。 大雨、強風、雷、洪水注意報が 実家地元と志布志に発令されています。 桜島へフェリーで渡り、島を一周して、 佐多岬をぐるりと1周して 志布志港に向かう当初のコースは ひどい雨のために中止にしました。 九州自動車道から加治 ...

今日も好天に恵まれました。 両親が鹿児島出身なのに まだ霧島に行ったことがありません。 本当は別府から鹿児島に来る日に 寄る予定だったのでしたが、 大雨だったので中止しました。 今日、良いお天気に恵まれたので R1200RSを引っ張り出して 改めて行ってみようと思います ...

昨日の天気からうって変わり 今日は抜けるような青い空。 実家のクルマで鹿児島の野間崎へ。 鹿児島県の西側が薩摩半島。 薩摩半島のさらに西の南、 西に飛び出ているのが野間崎。 途中の展望台から海を眺める。 昼ごはんは笠沙恵比寿という施設 ...

5/3 別府を出発する朝、 天気予報では九州全域雨。 行くな!って言われてるようです。 宿からレインスーツを着たまま出発 別府ICから大分自動車道に乗ります。 クルマもバイクも少ないですね。 地震の影響がここにもあるのかな。 山間の道をひたすら走ります。 高速は高いと ...

GWツーリングの4日目は 松山から長浜まで海岸沿いを南下。 通称夕やけこやけラインという 海沿いのきれいな道を朝に走りました。 AM8:05 長浜に辿り着く少し手前で 累積走行距離が10,000kmに! 八幡浜まで来たら佐田岬に向 ...

松山城を見学したらいったんホテルに戻り入浴の準備をして道後温泉へ。路面電車の伊予鉄に乗って行きます。ひとっ風呂浴びたら飲みに行きます。路面電車に乗って大街道の停車場で降ります。停車場って言葉、久々につかいました。ノスタルジックな響きがあって好きです。松山 ...

今朝もお天気に恵まれています。 お世話になったZ250くんの家を 朝9時に出発しました。 次にまたボクが徳島に来るまでに バイクの車検を通しておくそう。 ボクもそれを楽しみにしています。朝からさぬきのうどん。店内にはおすしとおでん。店の窓からは吉野川の ...

連休初日、5時に家を出ました。 和歌山に行くF700GSさんから 急遽、連絡があり待合せをして 名古屋の手前の刈谷まで並走です。 ブツ切れ連休の方も多いためか、 今朝のこの時間の首都高速は混雑もなく 東名高速に流れ込むことができました。 ...

GWには四国経由で鹿児島を訪ねるソロツーリングを予定しています。いったんは中止も考えましたが行ってくることにしました。四国からフェリーで九州に上陸したら阿蘇の景色を眺めつつ南下し鹿児島へ、と当初は考えていましたが、震災の被害地域で復旧作業していたり、避難生 ...

地震のことで頭が一杯でしたが土曜にはかねてから楽しみだった新しいソファが届きました。20年使って来たソファと入れ替えウチのリビングが心機一転です。これまでは布の張り地でしたが新しいソファは革製の張り地です。革のいい匂いがします!入れ替え前入れ替え後周辺も一 ...

GWツーリングの予定では フェリーで愛媛から大分へ、 九州に上陸したら別府に一泊。 翌日、鹿児島へ向かう途中で 熊本の阿蘇周辺を走ったあとで 益城町も通過するつもりでした。 この度の震災の被害に遭われた ...

これは面白そうなバイクロックです。事前予約を受け付けています。出先で不安になることもあるけど鍵式だと鍵がひとつ増えるし、ダイヤル式だと付け外しするたびに老眼で小さい番号を合せるのはキツイ。だから今は出先に持ち歩いていない。スマホで施錠、解錠することができ ...

このGWは鹿児島の両親の元に 帰省することを考えています。 お陰様で二人とも健在ですが、 それぞれもういい歳ですからね。 東京から鹿児島までバイクで行くなら、 延々と道程を走破するのも悪くないが、 大阪南港から鹿児島志布志港までの フェリーが運航されている ...

久々に早起きして家を朝6時に出て ツーリングへ出かけて来ました。 今回は高足カニを食べに 伊豆の戸田港に向かいます。 いつものメンバーのX4さんは ツーリング直前に足を骨折して 残念ながら今回は不参加に。 お大事に! W400さんとの待合せ場所に 約束通り6時半に着くと ...

↑このページのトップヘ